お洒落な家

総合のコストを考える

通りに沿って立つマンション群

一戸建て住宅を購入するメリットとは

持ち家を持つ際にはマンションの購入か、一戸建て住宅の購入かの選択で悩まれる方が大勢いらっしゃいます。マンションは修繕積立費用や管理費用、駐車場の利用料など月々のコストがかかってしまうため、トータルコストでは一戸建て住宅のほうが安くなる傾向にあります。また、一戸建て住宅では土地が残るため、長く住み続けた住宅でも売却の際には土地の分だけは資産として残ることや、太陽光発電の設置が可能となり、光熱費の大幅な削減や、売電することによる大きな収益が期待できることからも、金銭面からのメリットがマンションよりも高いと言えます。特に太陽光発電の設置は今後ますます需要が増えていくことが予想されています。

購入する際のポイントとは

一戸建て住宅の購入は、比較的安価で購入することが可能な建売住宅と、所有する土地、または購入した土地に住宅を建築する注文住宅とでわけられます。建売住宅は主に広大な土地を区分けして建てられる分譲住宅となり、その生産性の高さから建物価格が注文住宅に比べて大幅に安くなるというのが特徴ですが、建築されたものを選択することになるため、間取りの自由が効かないというデメリットがあります。それに対し、一戸建ては建築の際に自由な設計が可能となるので、理想の住宅を築きあげることができることや、資材などもこだわりをもてるため、比較的長寿命な住宅を建築することが可能となります。しかし、コストは大幅に上がってしまうというデメリットがあるため注意が必要です。住宅へのこだわりと予算などから、これらの選択をすることが望ましいといえます。

Copyright © 2015 注文住宅の良さに触れる~終の棲家を熟考する~. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com

このエントリーをはてなブックマークに追加