お洒落な家

比較してみる

道路沿いに並ぶ住宅

住宅に対する考え方が変わってきました

持ち家を持つ際には、マンションと一戸建ての選択となりますが、従来では、持ち家は一戸建ての人気が圧倒的でした。しかし、一戸建てはその間取りの広さや庭の存在が魅力的とされてきましたが、購入するための費用も高額になってしまうことや、最近では子供のいない夫婦のみの世帯が増えてきたことにより、広い間取りが不要となっていることや、一戸建て住宅は駅から離れた立地のため、通勤通学がしずらいという欠点があることから、駅の近くといった好立地に建築されるマンションの人気が都市部を中心に増えてきました。それでも、一戸建て住宅は、比較的安価で購入できる建売住宅などの登場などの価格面が落ち着いてきたことで、その需要はまだまだ健在といえます。

一戸建て住宅の需要について

一戸建て住宅を購入される方の多くは、お子様がいらっしゃる方や親御様と同居されるなど世帯人数が多い方となります。特にお子様がいらっしゃる方は、第一子の妊娠や誕生のタイミングで購入される方が多いといえます。一戸建て住宅は、その間取りの広さだけではなく、駐車スペースが確保できることが強みといえます。お子様の妊娠中や、誕生した際は病院へ行く機会も多く、ある程度成長されると学校や習い事などのお迎えに車は必須の存在になると言えますが、マンションは駐車場を持つには抽選となる場合があったり、その使用料が高額であったりとデメリットが多いため、トータルコストを考えて一戸建て住宅を選択される方が多いと言えるでしょう。

Copyright © 2015 注文住宅の良さに触れる~終の棲家を熟考する~. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com

このエントリーをはてなブックマークに追加